MUM & GYPSY 10th anniversary year

© 2017 MUM & GYPSY

​ドキュメントのご案内

2018年1月から3月にかけて巡演するMUM & GYPSY 10th Anniversary Tour vol.2「みえるわ」のドキュメントを販売いたします。10都市11公演に同行し、旅先で記したドキュメントを手紙としてお届けするシリーズです。A5サイズのポストカードの片面に写真を、片面にドキュメントを掲載し、旅先から順次お届けいたします。

手紙は全36通を予定しています。

MUM & GYPSY 10th Anniversary Tour vol.2 

「みえるわ」ドキュメント
『手紙』

枚数:全36通
価格:3500円(税込)
発送期間:1月下旬-3月下旬
予約受付:1月7日-1月30日

サイズ:A5判のポストカード
発送放送:1月30日(火曜)までにご予約いただいたお客様には、
「みえるわ」の公演が行われる各都市から1通ずつお送りします。
1月31日以降にお申し込みいただいたお客様には、3月下旬にまとめて発送いたします。
「手紙」

放浪するように作品を発表したい。そう思ったことがマームとジプシーと命名した由来だと藤田さんに聞いたことがある。彼らは一体なぜ旅に出るのか。それはきっと、まだ見ぬ誰かに出会うためだろう。今まで出会ったことのない、お互いに名も知らなかった誰かと出会う。思えば、演劇の舞台で起こっていることだって、旅と同じだと言えるかもしれない。そこに立っているのは、青柳いづみという女優そのひとではなく、誰でもない誰かだ。詩、という形式で未映子さんが表現しているものも、誰でもない誰かの叫びと言える。かつて存在したかもしれない、今どこかに存在しているかもしれない、未来に存在するかもしれない、誰か。誰でもない誰かであり、誰でもある誰か。そうした誰かの姿を、わたしたちは観客席からみる。この出来事のほんとうは一体何だろう。それを知りたくて、彼らの旅を記録することにした。そして、その質感を届けるためには、手紙という方法がいちばんよいのではないか。そう思った。旅先からの、差出人の名前の書かれていない、36通の手紙たち。